定期的検査

定期検査

定期的検査

初めて船舶を航行させるとき又は船舶検査証書の有効期間が終了したときに受ける検査です。
この検査に合格すると新たに船舶検査証書が発行されます。

船舶検査証書の有効期間は、船舶の総トン数、航行区域、用途等により5年又は6年とされています。

中間検査

定期検査と定期検査との間に受ける比較的簡易な検査です。
中間検査には、第一種から第三種の種別があり、船舶の総トン数や用途により検査内容が異なります。

ご利用の流れ

STEP.1

お問い合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください。手続きの概要とご用意いただく書類等及び費用の概算をお伝えします。

お問い合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください。手続きの概要とご用意いただく書類等及び費用の概算をお伝えします。

 

矢印

STEP.2

ご依頼内容次第で、委任状と必要書類をお送りいただきます。

ご依頼内容次第で、委任状と必要書類をお送りいただきます。

矢印

STEP.3

当事務所が一元的に管海官庁との窓口として諸手続きをいたしますので、ご依頼主様にお立合いいただく必要は基本的にありません。

当事務所が一元的に管海官庁との窓口として諸手続きをいたしますので、ご依頼主様にお立合いいただく必要は基本的にありません。

矢印

STEP.4

船舶検査を受検される場合であって、検査官が船を訪れて臨場検査を行うときには当法人が立会い、指摘事項などがあればご依頼主様にご連絡のうえで最速、最良の対処をいたします。

船舶検査を受検される場合であって、検査官が船を訪れて臨場検査を行うときには当法人が立会い、指摘事項などがあればご依頼主様にご連絡のうえで最速、最良の対処をいたします。

矢印

STEP.5

交付された検査済証、許可証などを、お預かりした書類とともにご依頼主様に速やかにお届けします。

交付された検査済証、許可証などを、お預かりした書類とともにご依頼主様に速やかにお届けします。

矢印

STEP.6

清算した費用をお支払いください。

清算した費用をお支払いください。

 

コンタクト

ご相談・ご質問等がございましたら、お気軽にお問合せください。

お問い合わせ